スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつ帰る?

道を歩いているとおばぁに出会う

まず最初に聞かれる言葉が
「いつ帰るか?」とか「いつまで?」だった

なぜみんな帰る時期を気にするのだろう?と思った。

その次に聞かれる言葉は
「どこからかー?」とか「どこにかー」と聞かれる

沖縄以外からだと親しくしてくれないのかなぁとか
東京人嫌いなのかなぁとかちょっと思ってしまう

でも上↑の質問は
意味が違うらしい

挨拶だったり
帰るまでに一緒に楽しみたいという意味合いの確認らしい

そして次に聞かれるのが
「宮古は楽しい?」という言葉

毎晩楽しく飲み明かしているわけではないが
宮古島に来れて幸せです

『ずっと宮古島に居る事になったから
 おばぁ おじぃ みなさんよろしくねぇ!』
なんて言ってみたいな

宮古島と東京という距離は
飛行機で約3時間

私の両親からすると
海外にいるのと同様のようだ

ワンチャン

これだけたくさん自由な時間があるのは
老後か今しかないだろう

けど、宮古島に住んでいたら
ずーっと自由な時間を持てそうな気がする

それほど宮古島は素敵な所です

≪宮古島リゾートハウスざわわ ホームページ≫
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 宮古島 ゲストハウス ざわわ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。