スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪塩製塩所

つづいて雪塩製塩所へ。

雪塩は、宮古島の特産のお塩ですが、

とーーってもサラサラ粒が細かくて、
舌にのせるとふわっと溶けます。

DSC05172.jpg


雪塩の謎を解説します…


これが雪塩のもとの海。

DSC05187.jpg

まず、普通のお塩は汲み上げでできますが、
雪塩は地下水から作ります。


珊瑚でろ過されるため不純物が少なく、
天候にも左右されにくい。
DSC05174.jpg
DSC05175.jpg


それと、製塩する際に煮詰めるのが普通の方法ですが、
雪塩はある温度の板に海水を吹きつけ、
瞬時に蒸発させるのです。

そのためミネラル分が失われにくく、
また、独特の「ふわっと感」が得られるのです。


と、
DSC05173.jpg
案内の洲鎌さんが教えてくれました(笑)


店内にあった塩分補給アイテム「アスリートソルト」
タブレットを飲み込まないと、
DSC05178.jpg
DSC05179.jpg
まずいそうです。

正直だ…。



工場の外には雪塩ソフトクリームがありました。
DSC05180.jpg
DSC05181.jpg

昔から、バニラアイスに塩をかけていた私。

DSC05182.jpg
いただきます!

DSC05185.jpg
なぜかブランコがありました。

おいしい~


そこで店のおじさん(失礼)としゃべっていると、
偶然にも神戸の人でした。

最寄り駅まで同じ!

なんでも、トライアスロンをするために宮古島に移住したそうな。


しかもよくよく聞くと、
数年前、膝の手術をうちの院長に受けていたみたいです!

びっくり…


一期一会、楽しいですなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。