スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うえのドイツ文化村

うえのドイツ文化村へ行ってきました。

前から、なぜ宮古にドイツ?と疑問に思っていましたが、
昔宮古の人がドイツの難波船を助けたことがきっかけで建てられたそうです。

博愛記念館の中にはそのときの様子がわかりやすく
(絵日記風に。さらにその絵はなんともかわいらしい感じで)展示してあります。

その当時から宮古の人の温かさが感じられ、
心もホッと暖かくなる感じでした。

DSC01154.jpg

博愛記念館です。
ドイツのマルクスブルグ城を再現してあります

1番上は展望台となってます。

DSC01157.jpg


DSC01158.jpg


ガラス越しの写真なので曇ってます・・・

普段は珊瑚があるのでとても穏やかな海だそう。
今日もまぁ荒れてはいましたが、そこまで波もなく、
上から見ると透き通ったキレイな海を見ることができました。


2,3,4階は博物館になっていて、
ドイツの文化や歴史を知ることができます。

ドイツのおうち
DSC01165.jpg


ドイツといえばやっぱりビールそしてソーセージ。
DSC01162.jpg


ドイツ人の紳士がいて・・・
DSC01163.jpg


その横には奥さんと子供。
DSC01164.jpg


突然この人形に出会うと一瞬びっくりします。笑

このお城の中にチャペルもあって結婚式もできるみたいです。
キレイな海をバックにこんなお城でウェディングドレス
お姫様気分になれること間違いなしです


博愛記念館からちょっぴりはなれたところに
キンダーハウスがあります。

ここにはドイツのおもちゃやドイツの子供が書いた絵などがあって
ほんわか気分になれます。
誰もが子供に帰れる場所
ただし遊びすぎに注意です☆

そして本物のベルリンの壁の一部があります。
見ごたえありです

ドイツ文化村というくらいなので、
全体が大きい公園のようになっています。

お天気のいい日にはのんびり散策するのもいいですね。

1番上の写真の赤い物体はなっがーいスベリ台なのですが、
さすがに大雨降る中、すべる勇気はなく断念。。。
絶対楽しそう!!!


ちなみに村は入場無料ですが、
博愛記念館は700円。

キンダーハウスとセットだと800円!お得!!


bana
◆ブログランキング参加中◆
★クリックお願いします★



≪宮古島リゾートハウスざわわ ホームページ≫
スポンサーサイト

タグ : うえのドイツ文化村

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。